他社との比較

代謝とストレスを考えたトレーニング

img_comparison01

Chaperone Gymはただ痩せる、筋力をつけることを目的とするのではなく、「代謝」を考慮してアレルギーやメタボにならないようなトレーニングを行っていきます。

そしてストレスを数値化することで自分自身のカラダについて知っていただくことを行います。

代謝について

img_comparison02

代謝とは体内に様々な物質を分解してエネルギーを産生し、また生体の成分を合成する過程。

外界から食物の型で物質を取り入れ補充し、自身の必要なものに変換していきます。

アレルギーやメタボの原因はこちらになります!

代謝とストレスによるアレルギーについて

こちらがアレルギーが出るまでの流れになります。
ストレスがかかる→代謝の経路が変わる→その状態が継続すると、免疫が落ちる
→免疫バランスが崩れて粘膜と皮膚のバリア機能が落ちる→外部から異物が入ってくる→アレルギー症状が出る。

そこで「代謝の経路が変わる」にアプローチを行います。
内分泌系(ホルモン)や神経系は外部環境の変化に対応して複数の臓器の代謝を変動させる作用を持ちます。
つまり自律神経の交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えを大事にします。

メタボリックシンドロームについて

メタボリック→代謝/シンドローム→症候群(同時に様々な症状を起こす病気)
こちらがメタボリックシンドロームの意味合いになります。
直訳すると【代謝症候群(脂質代謝不全症候群)】です。
糖質や糖の異常により様々な身体の異状や病気が起こることで、下記の3つの内2つ以上に該当する場合です。「脂質異常症」「高血糖」「高血圧」

脂質異常症

血液中の脂肪が多い状態(脂肪が少ない場合も)

高血糖

エネルギーとして消費されずに余ったブドウ糖はグリコーゲンとして蓄えられるが、限度量を超えると脂肪細胞に取り込まれ体脂肪となります。
脂肪細胞にも取り組めなくなると血液中にブドウ糖があふれた状態になります。

高血圧

肥満して血管の抵抗が増えると、全身に血液を送り出す役割を果たしている心臓は肥満して、通常の人より大きな力で勢いよく血液を送り出さなくてはなりません。
過剰な体脂肪が血管を圧迫するのも重なります。

脂肪が過剰に蓄積されると代謝のバランスが崩れエネルギーの調整がうまくいかなくなります。
インスリンの働きが悪くなると、ブドウ糖をエネルギーに変えたり細胞への受け渡しがうまくいかなくなります。
その結果、糖尿病/動脈硬化/心筋梗塞/脳梗塞などになりやすくなります。

このようなことが起きないようにお客様の日常生活やカラダに合わせたプログラムを組み、
無理なく、楽しく代謝を促進していきます。
わからないこと、不安なことなどありましたら隠さずにお聞きください。

ストレスの数値化

アミラーゼとは

img_comparison03

アミラーゼは唾液腺や膵臓から分泌される消化酵素。膵臓がん、急性膵炎、慢性膵炎などの診断をする際に測定します。
唾液中に存在するアミラーゼはストレスにより数値が変わります。
アミラーゼを測定器で計り、ストレスを数値化。数値化することでカラダの健康状態をみていきます。

トレーニングの前後に測定することでどれくらいストレスが減少したのかをより明確に知っていただき、
自らのカラダをより理解することができます。
数値化することで達成感や安心感も変わりますのでぜひお試しください!

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

営業時間 / 10:00〜20:00